豚プラセンタは安全なの?効果や副作用について調べてみました。

その栄養価の高さから注目を集め研究されているプラセンタ。BSE問題があるまでは牛の胎盤を原材料にした牛プラセンタがおもに使用されていました。厚生労働省がBSE問題で規制したため、その後の主流は豚の胎盤を原材料にした豚プラセンタになったのです。ですから今、私たちの身近で最も流通しているのは豚プラセンタということになりますね。ここでは牛プラセンタ以降に普及した豚プラセンタについて取り上げます。

 

豚プラセンタは、文字通り豚の胎盤のことを豚プラセンタと呼んでいます。他の哺乳類と同じように胎盤は栄養素の宝庫とも言える場所。そこからプラセンタエキスを抽出して、私たちはその恩恵に与っているのです。
現在のように広く普及するまでは、価格も決して安いとは言えなかった豚プラセンタ。しかし今は比較的手の届きやすい価格で購入することができます。

 

豚プラセンタの成分と効果

 

プラセンタは哺乳類の胎盤を指しますが、日本で一般的に流通している哺乳類由来のプラセンタは豚か馬のどちらかに絞られます。最近は馬プラセンタの人気が高まっていますが、以前から多く市場に出ていたのは豚由来のプラセンタです。
プラセンタ自体の持つ栄養素や成長因子(グロースファクター/GF)といった成分は、赤ちゃんを育てるために必要不可欠な要素なので豚由来でも馬由来でも同様に大きな効果があります。栄養成分などの含有量は豚プラセンタが少し下回っている部分もありますが、有効成分はバランスよく含まれています。実際の研究でも豚プラセンタの摂取でシワが目立たなくなった事例も報告されているくらいです。
大切なのは実際に摂取するプラセンタの配合量。私たちの体を細胞レベルから作り成長させる力。代謝と免疫力を上げ健康と美容に効果を発揮するアンチエイジングの力。そこに大きな違いはないと言えるでしょう。
また人の体は「神経・内分泌・免疫」といった3つの系統が相互にバランスをとっており、そのバランスが崩れると病気になってしまいます。プラセンタはそれぞれのバランスを調整し体を健康な状態に戻してくれる力も持っているのです。豚プラセンタは人の体組織と構造が似ていると言われ、人体に馴染みやすく抵抗が少ないという点も特徴と言えますね。

 

豚プラセンタの品質と飼育環境について

 

豚由来のプラセンタは食肉用に飼育されている豚から採取されています。豚の飼育に関しては養豚場にあまり衛生的なイメージを持っていない方もいるかもしれませんね。実際には「良いところもあればあまり良くないところもある」という状態です。しかし衛生管理に厳しい昨今は流通しているものに関してそれほど心配はいらないと言えます。では、それが胎盤であるプラセンタになるとどうでしょうか?

 

・ストレスはプラセンタの品質に影響する
実は豚は本来とてもきれい好きな動物です。ですから不衛生な状態ではストレスが溜まりやすくなります。豚の場合は放牧されていることが少なく、豚舎の中で飼育されていることがほとんど。そうなるとストレスだけでなく病気の蔓延も心配です。そのため、ワクチンの接種や餌に抗生物質を混ぜるなどの対策が取られていることも多くなります。
ストレスは直接胎盤に影響を与え栄養成分や成長因子の質を落としてしまい、ワクチンや薬はプラセンタに不純物として含まれることになります。もちろん不純物は製造過程で取り除かれますが、方法によっては多くの有効成分も一緒に失ってしまうことになるのです。
ストレスや薬などをできるだけ与えずに育てることが、高い品質を保つためには重要になります。

 

・安定したプラセンタを生産できる環境と品質

 

日本では豚が多く飼育されています。豚は多産な動物で1度の出産で10頭ほどの仔豚を産みますが、妊娠期間は114日間前後なので年に2回は出産する計算です。つまり胎盤の採取が年に2回できてプラセンタの大量生産が可能ということですね。手の届きやすい価格で安定して供給ができるため市場に多く流通しているとも言えます。
安定供給できる一方で気になるのがプラセンタの品質。先にも少し触れましたがストレスと薬の影響をできるだけ受けずに育った豚の胎盤の方が、栄養価も高く私たちにとって安心ですよね。そこで豊富な栄養素を保ち安全面も重視して生産された豚由来のプラセンタについてお伝えします。

 

安全な豚プラセンタの条件

 

一般の食肉用豚由来のプラセンタと違いがあるのは、日本では「SPF豚」という豚です。皆さんも見かけたり耳にしたりしたことがあると思います。そして、海外産では「アルゼンチン産豚」が有名なところです。

 

・SPF豚
日本SPF豚協会が認定する特別な条件の下で育てられた豚のことです。毎年1回、厳しい基準をクリアした農場だけが認定されます。抗生物質は与えられずに育てられ不純物が混ざりにくいのが特徴。無菌という訳ではありませんが「餌・健康状態・衛生管理」などに配慮して生産されている「健康な豚」になります。
SPFとは「Specific Pathogen Free」のことで、日本SPF豚協会が規制対象とする5つの病気「トキソプラズマ感染症・豚赤痢・マイコプラズマ肺炎・萎縮性鼻炎・オーエスキー病」や寄生虫を持たない豚です。人に影響がない病気も含まれますが豚には影響があります。
SPF認定を受け徹底した管理体制で育てられているため、製造過程での殺菌処理などが容易になり有効成分が失われる可能性を低くできるのです。

 

・デンマーク産豚
デンマークは世界有数の農業国で養豚も盛んに行われています。国自体が厳しい安全基準を設けており、徹底した品質管理の下で育てられた豚です。輸出に当たっても何度もチェックが行われます。加えてデンマーク産の豚はトレーサビリティ(個体の血統をさかのぼって調べることができる)も導入されているので安心できますね。

 

安定した供給と低価格でバランスよく栄養素が摂取できるのが豚プラセンタの魅力

 

豚プラセンタは多く流通しているので低価格のものから高価格のものまで様々。多産で原材料の胎盤が入手しやすく安定した供給が見込めます。
豚プラセンタは飼育環境によって大きく品質に影響を受けるため、選ぶなら基準が厳しく安全性の高いSPF豚プラセンタかデンマーク産豚プラセンタをおすすめします。製造過程で有効成分が失われる可能性が低いからです。原末・純末と記載されたプラセンタの方がプラセンタの濃度が高いので確認してみて下さい。
人の体組織に近く親和性も高い豚プラセンタですが、高品質の製品を選ぶためには環境・含有量・製造方法・安全性をしっかり確認する必要があります。低価格であれば試しやすいのは確かですが、たくさんある製品の中から効果が期待できる豚プラセンタを選択して下さいね。