顔やお肌の乾燥対策に保湿クリームはおすすめですか?

乾燥の厳しい季節になると、顔やお肌が乾燥してカサカサに・・・。特に顔の乾燥が酷いと化粧ノリも悪くて、身体に至ってはかゆくて掻いてしまう方もいらっしゃいますよね。特に秋口から冬にかけての乾燥対策に悩んでいる方は多いのではないでしょうか?
多くの方は保湿クリームを顔に塗って凌いでいると思いますが、腕や足など、お肌の乾燥対策はどうしていますか?
このページでは顔やお肌の乾燥対策に保湿クリームが最もおすすめできる手段なのか、保湿クリーム以外で対策できることがあるのかをまとめてみます。

顔の乾燥対策に最も重要なのは保湿クリーム選び

顔の乾燥対策についてですが、やはり保湿クリームを使用するのが最も手っ取り早いと言えます。
顔は人間の身体にある皮膚の中でも最も薄くデリケートな部分です。しかし、紫外線をはじめとする外部刺激を直接受けるところです。ですから、将来シミやしわで頭を悩ませたくなければしっかり保湿してケアする必要があります。
冬は夏に匹敵するくらい紫外線が強い為、紫外線対策も重要ですが、同じくらい保湿にも気を使ってあげましょう。
注意すべきは保湿クリーム選びです。保湿クリームと言っても粗悪なクリームはほとんどが水分で、顔に塗ると一時的には潤った感じがしますが、その後どんどん保湿クリームの水分が蒸発していくのと同時に、お肌の水分まで奪ってしまうので要注意です。
保湿クリームを選ぶときには、ヒト型セラミドが高濃度で配合されているのを目安とします。
顔の乾燥対策の要点は、顔への水分補給ではなく、いかに肌を外部刺激から守り水分を奪われないように蓋をするかです。
セラミドは顔の皮膚のバリア機能を担っていますので、保湿クリームには必須の成分と言えます。
ヒアルロン酸やコラーゲン、コエンザイムQ10と言ったさまざまな美容成分も目をひきますが、まずはセラミドでお肌を満たすことが最も重要です。

顔の乾燥におすすめの保湿クリームの成分はどれ?

顔の乾燥肌の主要症状はカサカサ、つっぱる、粉をふく、ヒリヒリと痛いといった悩みが中心になります。乾燥肌は放置すると小じわやくすみの原因にもなり、放置すると乾燥性敏感肌も招いてしまいます。
ですから、お肌のハリやたるみを何とかする以前に、しっかりと乾燥肌対策をする必要があります。顔の乾燥対策に最も重要なのは水分ではありません。一時的に保湿ができても、肌本来が持つ保水力が低下していては、
すぐに水分が蒸発してしまうからです。顔の保湿効果を高めるのに最もおすすめなのがセラミド配合の保湿クリームです。
セラミドは肌のバリア機能を担っており、顔の水分保持や紫外線などの外的刺激から肌を守る役目をします。しかし、セラミド配合の保湿クリームであれば何でも良い訳ではありません。
一つ目のポイントは、セラミドの種類です。セラミドには合成セラミド、天然セラミド、ヒト型セラミドといった種類があります。セラミドは肌に浸透しなければ意味がないので、天然のセラミドが理想ですが高価ですので、
ヒト型セラミドが最もおすすめです。ヒト型セラミドは人の肌に本来あるセラミドと同じ分子構造をしている為浸透しやすく保湿効果も高まります。
また高浸透セラミドであることも重要で、分子が小さく浸透しやすいタイプがおすすめです。セラミド以外で顔の乾燥におすすめの成分はエラスチン、ヒアルロン酸、コラーゲンが保湿力を高めてくれる成分です。
本来お肌の角質層は、アミノ酸で構成されるNMFと呼ばれる天然保湿因子、セラミドなどの細胞間脂質、皮脂膜でバランスよく構成され皮膚を守っています。特に細胞間脂質が乱れていると肌に水分をため込むことが出来なくなってしまいます。天然保湿因子の代わりとなるアミノ酸にはアルギニンやセリン、プロリンといった成分があります。乾燥肌なのにしばらく経つと皮脂でべとつくといった混合肌の方も実は敏感肌で、お風呂上りに最も肌ダメージが集中します。ですから、お風呂上りにワセリンやグリセリンを使うのもおすすめです。

顔の乾燥がひどい方は保湿クリームの添加剤に注意

顔の乾燥が特にひどい方は、保湿クリーム選びに十分注意する必要があります。保湿クリームを選ぶときは、とかくどんな成分が配合されているかに気を奪われがちですが、
顔の乾燥がひどい場合は、まずはお肌のコンディションを元に戻してあげる必要があります。顔が乾燥しているだけでなく、お肌のコンディションはボロボロの状態と言えます。
多くの方は乾燥肌で粉を吹いてしまうことだけに悩んでいるわけではないですよね。化粧水をつけると顔がピリピリと痛かったりしますよね。
乾燥がひどい場合は、お肌のバリア機能が低下して敏感肌質に傾いている状態です。ですから、敏感肌でも安心して使える保湿クリームを選ぶ必要があります。
お肌を美容成分で満たすよりも、これ以上お肌を痛めない為の保湿クリーム選びが重要です。
具体的には、界面活性剤などの添加物が配合されていない無添加の保湿クリームがおすすめです。しかし、無添加と書いてあるから安心できるわけではありませんのできちんとチェックしてください。
敏感肌が避けたい添加物には、合成界面活性剤、合成乳化剤、パラベンやフェノキシエタノールと言った防腐剤、香料、着色料、アルコールなどです。
すずやカドミウムといった重金属類も肌を痛めますので必ずチェックが必要です。
先ほどフェノキシエタノールと書きましたが、よく保湿クリームやオールインワンゲルの販売ページでエタノール無添加と記載しています。
エタノール無添加で安心するのは早計で、代わりにフェノキシエタノールも配合していないかチェックが必要です。
フェノキシエタノールは保湿クリームの防腐剤として利用されていて、フェノキシエタノールを用いればパラベンフリーの記載ができます。
確かに天然由来の成分で安心感があり好感度が持てそうですが、実際の毒性はパラベンと変わりないのでおすすめできません。
お肌への刺激もパラベンと同程度で、100g中に1gしか配合できない配合規制が敷かれています。

腕や足などの乾燥対策はどうしたら良い?

顔の乾燥がひどい場合、放置しておくとカサカサするだけでなく、ヒリヒリと痛くなってきますよね。
これが二の腕や首回り、そして身体になると今度はかゆみに悩まされます。お肌のカサカサも気になりますが、痒いのもつらいですよね。しかし、腕や足などに顔用の保湿クリームを使うのはどうでしょうか?実は顔用の保湿クリームを身体のお肌全体に使っているという芸能人やセレブの方が結構います。顔の保湿クリームを身体に使うことは特に問題はないのです。むしろ理想的とも言えます。しかし、問題なのは金銭的な部分です。ただでさえ高価な化粧品を身体全体に使用するのは普通ならお金がいくらあっても足りませんよね。しかもしっかりした保湿クリームは医薬品とは言わないまでも医薬部外品であることが多いのでそれなりの金額がします。しかし、保湿クリームを全身に使うのは難しくても財布に優しく全身に使える化粧品があります。

全身の保湿にオールインワンゲルが使える?

全身を保湿するのにおすすめなのが、大容量のセラミド配合オールインワンゲルです。
オールインワンゲルであれば、全身に使うこともできるし手間もかかりません。ボディケアにオールインワンゲルを使用している方は結構いて、冬の乾燥対策にも最適です。皮膚のかゆみは乾燥が原因ですので、セラミド入りのオールインワンゲルを塗るだけで収まる方が多いようです。特に就寝中のかゆみで不眠に悩まされるような場合は、寝る前に全身にオールインワンゲルを塗ってみてください。おすすめはメディプラスゲルというオールインワンゲルで、無添加なため肌にも優しく、アトピーの方も使用できるオールインワンゲルです。実際私の娘もアレルギーとアトピー持ちなのですが、毎日メディプラスゲルを塗ってあげて、学校にも持って行かせています。価格的にも安いのが魅力なので、新しい肌の乾燥対策としてぜひ一度試してみてください。
メディプラスゲルは薬局などの店舗では販売しておらずネット通販のみでの取扱いになりますのでご注意ください。