植物性プラセンタって効果があるの?どんな成分で作られるの?

プラセンタというと思い浮かぶのは豚プラセンタや馬プラセンタという方が多いと思います。実はそれ以外のもので「植物性プラセンタ」という製品があるのをご存知でしょうか?
プラセンタは哺乳類の「胎盤」のことを指すのですが、もうひとつ植物の「胎座」のことも同じくプラセンタと呼ぶのです。動物性と植物性ではもちろん違いがありますが、呼び方は同じということですね。ここでは「植物性プラセンタ」について取り上げます。

 

動物性プラセンタの場合は赤ちゃんに栄養を送る胎盤を原材料として使用します。しかし植物には動物にあるような「胎盤」はありません。それに近い部位が「胎座」と呼ばれる部分。胎盤のように栄養素が詰まっているところです。
植物の場合は発芽する「種」が動物の赤ちゃんに当たります。ですから種を包んでいて発芽する部分と接しているところが胎座になる訳です。
原料になる植物によって胎座の形状は異なるのですが、例えばスイカやナスは皮の内側中心部分に種が散らばるようにありますよね?その周りにある私たちが食べている部分が胎座です。ピーマンなら種の付いている白い部分が胎座になります。

 

メロンも原料?植物性プラセンタの成分と効果

 

植物性プラセンタと動物性プラセンタの決定的な違いは、「成長因子/グロースファクター・GF」が含まれていないことです。人の細胞を作り増殖させ代謝・免疫・神経にまで効果を与える力を持つのが成長因子。私たちの体のバランスを整え根本的な原因に働きかけて体質改善をすることは、植物性プラセンタではあまり期待できないということになります。
植物性プラセンタで期待できるのは胎座の持つ栄養素に由来する美肌効果です。胎盤と同様に胎座には豊富な栄養成分が含まれています。アミノ酸・ミネラル・ビタミン・カルシウムといった栄養素や、女性ホルモンに近い働きをすると言われるイソフラボン、抗酸化作用のあるポリフェノールなどが豊富です。こうした成分はシミ・くすみの抑制、肌のハリ・潤いのサポート、女性ホルモンの乱れの改善、といった効果が期待できます。最近の研究ではアミノ酸の含有量が豚プラセンタより多いとも言われています。
植物性プラセンタと動物性プラセンタの違いは成長因子の有無ですが、美肌効果に期待できる美容成分という見方をするのが良いのではないかと思います。

 

植物性プラセンタの種類

 

主に原材料として使用されている植物は、ライ麦・大豆・メロン・バラ・アセロラなど様々です。しかし植物の胎座は天然由来で採取できるのも少量なため、複数の植物由来成分を配合して製品化されています。

 

・ライ麦由来
荒れた土地にもしっかりと根付くライ麦は生命力に溢れた栄養素がとても豊富な植物。必須アミノ酸を含めたアミノ酸含有量も高く、ビタミン・ミネラル・カルシウムも含まれています。地中深くに根を張って大地の栄養素をしっかりと吸収して育つライ麦の力を、美容に活かすことができるプラセンタです。

 

・メロン由来
主に北海道産のメロンが原料とされています。アミノ酸・ビタミン・ミネラルがとても豊富なメロンプラセンタ。メロン自体にも様々な美容効果があるのをご存知でしょうか?だからと言って毎日メロンを食べられるかというと…あまり現実的ではないですよね。ですがメロンプラセンタのサプリメントなら手軽に摂り入れることが可能という訳です。

 

・バラ由来
多くはブルガリア産の希少なダマスクローズを主な原料にしています。バラの美容効果は化粧品に良く利用されることからもご存知の方が多いのではないでしょうか。アミノ酸やビタミンが豊富で香り豊かなことも魅力のひとつですね。成長因子は含まれていない植物性プラセンタですが、もともと人の持っている成長因子の一部に働きかけて活性化を促す効果があることが分かってきました。

 

植物性プラセンタの安全性について

 

植物性プラセンタの場合は天然素材で原材料が小量なことから、培養生産という方法が取られることもあります。また他の天然成分を一緒に配合することがほとんどです。つまり中心となるプラセンタに合わせて配合される他の植物性成分が何かによって、美容的に得られる効果が変わるということになります。

 

・よく配合される植物
大豆・トウモロコシ・ザクロ・アロエ・アセロラ・リンゴ・クロレラ・アボカド・オリーブ…などなど。たくさんの天然成分が候補に挙げられます。製品を選ぶ際には他にどんな成分が配合されているのかを確認するようにして下さいね。

 

・植物性ではない成分の配合
植物性プラセンタであるにも関わらず植物由来ではない成分が含まれている場合があります。成分に問題があるということではなく、植物性プラセンタを選択するのに明確な理由を持っている方もいるということです。海外では食文化の違いや宗教上の理由から植物性プラセンタを利用している方も多くいらっしゃいます。ほとんどは「○○由来」と記載されているので見分けは付くでしょう。しかし稀に成分表示だけ見ても分からない場合があるので、その場合は問い合わせて確認することをおすすめします。

 

・植物性プラセンタの安全性
遺伝子組み換えでない天然成分の植物を由来とした胎座を原料とし、配合成分にも同様の配慮をしていることを考えると安全性はかなり高いと言えます。動物性プラセンタも徹底した衛生管理・安全管理がなされている訳ですが、一部には感染症のリスクが心配という方がいらっしゃるのも事実です。そうした方は感染症や残留ホルモンのリスクが無い、植物性由来のプラセンタの方が安心して使用できると思います。

 

プラセンタを試してみたいと思っている方は、たくさんある製品の中から何を選ぶべきか悩みますよね。コストの面から考えると植物性プラセンタの方が比較的安価です。しかし希少な成分や一緒に配合されている成分によっては一概に安価とは言い切れない部分もあります。悩んだときには「自分がプラセンタにどんな効果を求めているか」を考えてみて下さい。
植物性と動物性の大きな違いは成長因子の有無。自分の悩みには成長因子も含めた効果が必要か不要か、というように絞っていきましょう。また動物性プラセンタを利用したことがあり「香りが気になった」という方は、植物性プラセンタならあまり香りを気にせずに済むかもしれませんので試してみる価値はあると思います。
せっかく興味をもって始めてみようと思ったのですから、ぜひ良い効果を実感して欲しいです。